ノンクリエイターの個人ブログをWeb系アワードにエントリーしてみた

schedule Published
published_with_changes Updated
Category folderJumble
format_list_bulleted Contents

ブログの露出とバックリンクが欲しかったので、Web系のアワードにエントリーしてみました。
ノンクリエイターが個人作品を応募する機会は少ないので、貴重な経験になりました。

事の始まり

気になるドメインパワー

このブログのドメインは5年近く塩漬けにしていたのですが、公開して少し時間が経ったのでドメインパワーを覗いてみました。やはり結果はゼーローでした。。

ちなみにブログは収益化を目的として作ったものではありません。なので、ドメインパワーを真剣に欲しているという事ではないのですが、今のドメインパワーが0から上がるのを確認したいのと、0のままはちょっと嫌だということで、上げる方法を考えることにしました。

良質なバックリンクを求めて

とにかくドメインパワーを上げるには、少なからずバックリンクが必要そうです。
権威があってドメインパワーが強いところから、すぐにバックリンクを得る方法を考えた結果、思い浮かんだのはアワードでした。

ただし、アワードにエントリーしてもノミネートされるのか?が不安です。
クリエイターのポートフォリオなどデザインに凝ったものではなく、超あっさりデザインのブログです。ただ、自作を楽しむ過程で少し凝った箇所(逆にマイナス要素かも)もあるので、そこに賭けて応募してみることにします。

デザインなどフロント部分の制作過程の記事は、下記リンクから見れます。
デザインを起こさずにコーディング作業から入ったのですが、一般的なデザイン作業ではロゴの部分を頑張りました。

CSS Winner

エントリーフィーが安かったのと、ダメだった時は返金があるので、まず最初にエントリーしました。

投稿規定

応募するウェブサイトは、ユニークな品質、高度な視覚的創造性、独特の美しさ、許容できる内容を備えたものでなければなりません。HTMLとCSS(HTML、XHTML、HTML5、CSS、CSS3、AJAXなど)で構築され、専門的にコーディングされたCSSを備えていること。また、W3Cに準拠したウェブサイトが望ましいです。

当社は、真正な応募作品を尊重し、当社の個人情報保護方針に基づき、応募者の権利を尊重します。応募されたデザインやウェブサイトは、その所有者にのみ帰属します。CSS Winner は、そのプラットフォームに掲載されているウェブサイトの内容について、一切の責任を負いません。CSS Winner は、優れた Web サイトを表彰し、優れた Web サイトを掲載することを目的としています。CSS Winner に掲載するかどうかは、所有者の判断に委ねられています。そのため、投稿されたウェブサイトのコンテンツやデザインが世界中の視聴者に公開されることに対して、オーナーは責任を持つ必要があります。

もし、あなたがウェブサイトをお持ちで、CSS Winner.Com への投稿を希望される場合は、投稿フォームにご記入ください。皆様からのご応募をお待ちしておりますが、当サイトで紹介するウェブサイトは、高品質で想像力に富んだものに限らせていただきます。

投稿には、$9 (USD) の料金がかかりますが、不採用になった場合は、7営業日以内に返金されます。

出典:About - CSS Winneropen_in_new
(DeepL/Translator(無料版)で翻訳)

無事ノミネートされました!!
しかし、バックリンクがnofollow でした。露出はされたものの、バックリンクとしては意味がなさそうです。チェックが甘かった。。

ちなみに賞には掠りもしませんでした。そもそもブログカテゴリーopen_in_newでエントリーする人も少ないようです。ノミネートされただけでも、申請すれば賞状のPDFが貰えます。

CSSDA(CSS Design Awards)

CSS Winnerでノミネートされたものの、nofollowリンクで失敗したので、CSSDAに応募してみることにします。 こちらは$50 (USD)のエントリーフィーがかかります。
掲載されなかったときの返金が無いのと、割りと有名なアワードなので少し気後れしました。
・・・迷いましたが、このままじゃ中途半端なので応募することにしました。

応募方法

CSSDAは、ソロのフリーランサー、スタジオ、エージェンシーが、年末のDOTYアワードで評価されるチャンスがあるように、公平な競争の場を提供しています。サイトを投稿する際には、同じような規模のクリエイターと競争するために、これらのカテゴリーのいずれかを選択するよう求められます。

応募の際には、高品質のスクリーンショットと、応募に関する通知を受け取るための正しいEメールアドレスを含む正確な情報が必要です。サイトは完全で、作品はオリジナルでなければなりません。CSSDAは、ネガティブな内容のサイト、エラーのあるサイト、完成度の低いデザインのサイトを拒否する権利を有します。テンプレートの応募も可能ですが、受賞の可能性はデザインとコードの両方にオリジナリティがあるかどうかにかかっています。

出典:About CSS Design Awards - SUBMISSIONSopen_in_new
(DeepL/Translator(無料版)で翻訳)

こちらも無事ノミネートされました!!
が、サイト名を登録する時は日本語入力を受け付けていましたが、サイト名が「ベアマケR」ではなく「BeamakeR」になってる。これはバックリンクとして微妙です。。
あとサイトのスクリーンショットの画像の容量も超厳しかったです。ちょっと残念な仕様でした。

下記のおまけ的な賞を頂きました。大抵は貰える賞だと思いますが、応募者への優しさが感じられます。それぞれ賞状のPDFとサイトに付けるバッジが貰えます。

  • Special Kudos賞
    審査員の平均スコアの合計が6点以上。
  • UI Design賞
    一般投票で「UI Design(美観や効果などのユーザーインターフェースデザイン)」を20票獲得し、審査員の平均スコアの合計が6点以上。
  • UX Design賞
    一般投票で「UX Design(ユーザーエクスペリエンスや機能性)」を20票獲得し、審査員の平均スコアの合計が6点以上。
  • Innovation賞
    一般投票で「Innovation(新しい開発・設計のアイデアの活用)」を20票獲得し、審査員の平均スコアの合計が6点以上。

Awwwards

かなり有名なアワードです。ここまで来たら三度目の正直ということで、日本語名のサイトの登録があること、リンクがnofollowでないことを確認してエントリーしました。こちらはエントリーフィーが$65 (USD)かかります。返金制度はあるようです。

投稿プロセス

Awwwards に投稿されたウェブサイトは、まず、審査会に送る最低要件が満たされているか否かを確認・承認する作業がチームによって行われます。通常、サイトが公開されるまでに一週間ほどを要します。Awwwards の承認プロセスは手作業で行っているため、週末を挟んだり、投稿多数の場合には、遅延が生じる場合があります。

出典:Awwwards - 評価システムopen_in_new

こちらも無事ノミネートされました!!
このアワードの評価が一番傷つきました(笑)。評価者によって凄い点数差が出たので、9点の評価に喜んだり、3点の評価で落ち込んだり、一喜一憂を味わえました。

残念ながら佳作すら受賞できませんでしたが、デザイン性の高いサイトを作る機会があれば再挑戦してみたいと思います。

おわりに

ドメインパワーはどうなったかというと、パワーランクチェックツールでは0から8になっていました。0から上がるのを確認できて一安心です。

調子にのって、124$ (USD) も使ってしまいました。個人の出費としては少し痛い。。
ちなみに、無料で応募可能なBest CSSopen_in_newにも応募しましたが、サイト名の登録は日本語不可でした。(CSSDAと違って、フォーム入力のバリデーションでしっかりしてました。)

きらびやかなポートフォリオサイト、プロモーションサイト、企業サイトなどがひしめく中、場違いなサイトのようで少し申し訳ない気持ちもありますが、少ない小遣いと勇気を出して応募した結果、世界中の色んなクリエイターに評価して貰う経験ができたのは楽しかったです。

良いサイトかどうかはデザインだけで決まるものでもないので、酷評されても落ち込まず、頑張ってブログを続けていきたいと思います。